赤ちょうちん横丁への誘い


休坂に来たら、まずは赤天狗へ行き
特製カクテルの洗礼を受け、そこでやっと心が裸になり本音でしゃべる。
しかし次の日はなにも覚えていない、でもまぁいいか。

そんな「飲み屋道場」のような店「赤天狗」が閉店して何年になっただろうか
これで釧路の名物「赤ちょうちん横丁」も終わりか、と危惧していた頃
 以前釧路市の教育長だった山田さんを中心としたグループが
赤ちょうちん横丁応援隊を発足させた。

ある意味名物だったトイレを全面改装
各店の外壁や通路もきれいになって
常連客じゃなくても行きやすい「屋台村」へと変身しつつある。



さあ行ってみよう!



これが
赤ちょうちん横丁だ。



この「のっこ」という店が以前「赤天狗」だった。
伝説の特製カクテルはまだ健在で、赤天ファンにとってはうれしい。



このカウンターにコップを叩きつけるのが「おかわり」の合図だった。
ガムテープでの補強跡がその面影。




見知らぬ同志が(いやでも)しゃべれる雰囲気は
赤ちょうちんの特徴だ。



その山田さんが 「らんぷ」 というお店を開いた。



こ こが赤ちょうちん横丁の一番奥 にある店、「らんぷ」




らんぷでくつろぐ休坂野のお客さん達。


かんちゃんがたこ焼き居酒屋を始めました。
場所はらんぷのななめ向かいです。

名前は「一(はじめ)」です
由来は直接聞いてください。

     

   

こんな感じの店です。
夕方5時から深夜3時頃までやっているはず。
定休日は水曜日のはずです。

頑張れ!かんちゃん


そのほかにも昔からやっている炉端風の店などあります。

気がかりなのは若いお客さんが少ないこと。
今後、赤ちょうちん横丁が発展継続していくためには
いかに若い人に来てもらえるかでしょうね

理想は、常連のおっさん達と
赤ちょうちん未経験の若者と が
和やかに、しかも建設的な話ができる雰囲気をつくれるか・・・

お店の人たちの努力とお客さんの気配りで
釧路の名物「赤ちょうちん横丁」を盛り上げていきましょう!




付録

釧路繁華街広域地図


赤ちょうちん横丁の地図

らんぷの営業時間:夕方6〜深夜0時まで。毎週日曜日休み