露天風呂「からまつの湯」に行ってきました。

新緑の道東はオオバナノエンレイソウとタンポポが咲き乱れ
キュウちゃんとの男二人、温泉巡りの旅はなにやら怪しい。

6月2日(月)
 またまたカレーや休みの月曜日、
「馬乗りに行く?それともどこか行ったことのないところへ」との話になり、
「じゃぁ今回は混浴露天風呂ツアーだ!」と、男同士なぜか話がまとまり、養老牛温泉「からまつの湯」へ
am11:00出発(いつも遅いんだよね)

 国道391号線を標茶まで、道道13号線で虹別。市街地を左の折れ、道道150線へ
途中、西別岳登山道入口の看板が数カ所にある。今月25日に登山計画があるのでチェック。
 変なもの発見!山の中腹になにやら白い物体が

 突然ダートに。
が、まもなく目的地の「からまつの湯」に到着
pm12:47 釧路から89km

平日の昼なのに、訪れる車、バイクは多い。

地元の人が管理している露天風呂。
男女別々の更衣室があり、女性の更衣室には戸が付いているので安心。
でも混浴でしかも水着禁止!

 小川の脇につくられた温泉は常にお湯が流れて清潔。底は細かい砂利で足のさわり心地がいい。
 ここの常連客らしいライダーの男性や、主と紹介された地元らしい男性がにぎやかに挨拶を交わしている。地元の男性客は西別岳からのかえりらしい。
「風が強くて大変だった」そうだ。
そういえばこの付近の山は樹木が少ないので風の強い日は大変だろうな

 やはり常連客なのだろうか、地元のおばちゃんが連れてきているナメナメ犬。温泉から上がって裸のまま休んでいるとナメナメしに来る。気持ちがいいというのかちょっと危なそうなのでほどほどにしておく。

この後、裏摩周、神の子池、和琴半島露天風呂など行きました。それはまた後日。

pm1:20出発

                   露天風呂ツアーその2へ

戻る